5. ドロミーテン

ドロミーテン南チロルの地図上での位置です。チロル地方は、北チロル(オーストリア)、南チロル(イタリア)、東チロル(オーストリア)に別れています。今回のツアーは、南チロルのドロミーテン地方の赤色のブラシの枠内の峠を次々と越えていきました。南チロルは住民の7割弱がドイツ語、あとの3割弱をイタリア語、残りの数パーセントの人々がラディン語(現代ラテン語とか)を母国語としているそうです。ドイツ語は共通語ですので、ドイツ語が出来ればどんな年代のどんな職種の人たちともきちんとコミニュケーションが取れます。カフェやバーで立ち飲みしているようなおじさんは気さくで、傍で聞き耳を立てているだけで結構面白い話が聞こえてきました。