44. コバルトグリーンの河

コバルトグリーンの河

途中、こんなコバルトグリーンな河べりで毛布でも引いて、まだ生暖かい夏の残り火の様な陽射しを受けて昼寝がしたい、と考えていました。南下した先はオーストリアで、翌日には南チロル入りするつもりでいました。

快晴でしたが、陽射しは 「暑い」 ではなく、「暖かい」位で、高度2000メートル近辺では数度な外気温です、季節的にも。

案外にすれ違うバイクは多くて、しかしハイシーズンのアルペン街道にありがちな観光バスとキャラバンの大行列などは無く、9月末~10月初めにかけては意外に穴場かもしれません、アルプスは。

今回は、目的地があったといえばありました。最初はそうは考えなかったのですが、あるバイカーホテルを再訪してみようと考えていました。出掛けにオーナーに電話したら、「いい時に電話してきたね、あと10日ほどしかホテルやっていないよ」との事でした。

彼のホテルは 「バイカー宿」 として有名なホテルの一つなのですが、冬季はホテルを営業していません(10月中旬~4月中旬迄はお休み)。オーナーは生粋のイタリア人で、奥さんはオーストリア人、彼はドイツ語が堪能です。