31. オーストリアで見かけた新ポスター

オーストリアで見かけた新ポスター

今回の南チロル行で通ったオーストリアで、バイカー向けの新しいメッセージポスターを見ました。題して、「悪夢な道」です。

昔、大型免許をセンターの一発試験でとった後で、合格者だけを集めてのバイク事故のドキュメンタリー映画を見せられましたが、上映後に白バイのおまわりさんが、「いいかお前たち、俺はお前らの首を拾いに行くのは嫌だ」と開口一番言ったので、何の事を言っているのか分からないでいると、彼の説明は以下の様なものでした。

トラックが停まっていて、その荷台の後ろブタが開いたような状態、その状態の駐車中のトラックにバイカーがなんらかの原因で突っ込むと、ちょうどギロチンにかかったようにヘルメットの中に頭が残ったまま首が切れてしまうのだそうです。彼は何度もそういった首入りのメットを拾った経験があるとかでした。

このポスターを見た瞬間に、その昔話を思い出していました。皆さん、気をつけて運転してください。私もなるべくそうしたいと思います。